ゆがみが起きやすい癖

骨盤がゆがむ原因のうちで見逃しやすいのは、
日常何気なくとっている姿勢です。
悪い姿勢と癖は、
知らず知らずのうちに骨盤をゆがませる
見逃せない要因となっていることも多いです。

女性特有の癖で気をつけたいのは、
ハイヒール

毎日履いている人は
立っている時の姿勢に注意してみましょう。
片方どちらかの足に
重心を集中してかける癖がありませんか?

足を交差させたポーズで立つ人、
イスに座る時に足を組む癖がある人も要注意。

どちらも骨盤がゆがみやすい生活行動です。

また、夜寝る時のうつ伏せ姿勢も注意が必要。
うつ伏せは骨盤がゆがみやすい寝姿勢です。

日常生活で心がけたいポイントがあります。
体にかかる負荷は、なるべく左右均等にしましょう。

例えばショルダーバッグや手提げ鞄などの荷物を持つ時は、
右手ばかりで持たず、左手も使います。
つい自分が持ちやすいほうばかりに集中してしまいがちですよね。
左右両方に均等に負荷がかかるよう、
交互に持ち替えるよう心がけましょう。

骨盤のゆがみは体型にも影響します。
上半身は普通なのに下半身がぽっちゃりしている、
ヒップラインが下がっている、 くびれがない寸胴体型。
「うんざりしてるけど、もうあきらめている」「仕方がない」と
思いこんでませんか?

これらは骨盤が開いてしまった人によく見られる体型なのです。
本来、骨盤は逆三角に近い形をしています。
しかしゆがむと四角に近い形に変わってしまいます。

体型の崩れも、骨盤を矯正することによって
ひき締まったボティラインを取り戻すことができるかもしれません。
もうだめだ…とあきらめずに、
骨盤のゆがみ矯正に挑戦してみませんか?