骨盤ゆがみチェック

「骨盤がゆがんでるかどうか自分ではわからない」と思ってませんか?
そんなことはありません。自分でもチェックできますよ。

それでは自分でできる、
骨盤のゆがみをチェックするポイントを紹介します。
気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

左右の肩のラインは水平ですか?

人の体は基本的に左右対称ですが、
ゆがみが生じると形がくずれます。
わかりやすい例は肩のラインです。

小学生の時、方眼状に糸を張った枠の前で
脊椎湾曲のテストをした記憶がある人も
多くいるのではないでしょうか。
これはそのテストと似たような
チェック方法です。


家の鏡を使ったゆがみチェック方法もあります。
鏡の前でリラックスした姿勢をして、
肩のどちらかが斜めに下がっている場合、 骨格がゆがんでいる証拠です。

これは見た目のゆがみ具合が簡単にわかるチェック方法です。
骨盤がゆがむと、ゆがみを修正しようとして
首の骨や背骨が少しずつ曲がって左右のバランスが崩れてしまうのです。

首のゆがみを見る方法

真っ直ぐ前を見て、首を左右にまわしてください。
どちらか片方向に回しづらい、倒しにくい、
といったことはありませんか? 

首が回しづらい、倒しにくいと感じる場合、
首の骨がその方向にゆがんでいるということになります。

睡眠中、うつ伏せに寝た状態の時、
顔を右に向けると落ち着くけど、
左に向けると落ち着かない・違和感がある(またはその逆である)、
わずかに痛みを感じるといった自覚症状でもチェックできます。

余談ですが、うつ伏せは骨盤のゆがみを起こす原因になる姿勢です。
骨のゆがみをチェックする目的以外の時は
うつ伏せで眠るのをできるだけ避けましょう。
いつもうつ伏せで寝る人は要注意です。