骨盤のゆがみで生じる症状

骨盤がゆがむと、
さまざまな症状が体に現れます。

骨盤はいくつもの骨が組合わさった
複雑な構造をしています。
これらの骨は、常に同じ位置に
留まるわけではなく、
体の調子によって開いたり閉じたりします。

普通は元通りの形に戻るのですが、
何らかの原因で骨盤が広がり過ぎてしまったり、その逆に閉じたままの状態になることがあります。
これが骨盤がゆがんだ状態です。

骨盤がゆがむと、仙骨、腰椎、大腿骨の位置がずれてしまいます。
仙骨は女性ホルモンのはたらきと深い関係があるため、
生理不順や生理痛、肌荒れなどに悩まされる原因になります。

そして腰椎のゆがみや傾きは腰痛を引き起こす原因になります。

大腿骨は骨盤の姿勢に影響されやすい骨。
骨盤が開くと大腿骨が外側に開いて、足も自然と外側を向いてしまいます。
これはO脚やX脚、猫背を引き起こして悪い姿勢にしてしまいます。

また、骨盤の位置が傾くと内臓の位置がずれて下がります。
すると内臓のはたらきが悪くなって冷え性になったり、便秘下痢になりやすくなります。

むくみも骨盤に影響されるといわれてます。
頭蓋骨にある後頭骨と骨盤が繋がってるため、骨盤が広がると顔の骨格に影響して顔が大きくなるとか。
それに冷え性や便秘の影響で下半身が太りやすくなります。

意外な症状は、不眠
通常、睡眠中は骨盤が開いてます。
しかし緊張や不安が強いと、骨盤が閉じたままになって眠れなくなってしまいます。

この中に思い当たる症状はありましたか?
薬や睡眠で体をケアしてるつもりの症状も、骨盤のゆがみが原因かもしれません。