ゆがみを直して体脂肪がたまりにくい体に

骨盤のゆがみを直す体操の書籍や、
骨盤矯正を案内する雑誌特集が大量に出回ってます。

注目度の高さをうかがうと同時に、
「ダイエット」「やせる」「小尻」「ヒップアップ」
「美脚」「バストアップ」といった
女性が憧れる単語がたくさん登場することにも
驚かされます。

骨盤矯正は、肩こりや腰痛といった
体の不調を改善する効果に優れますが、
ダイエット効果という意味でもたいへん優れた
療法なのです。

骨盤のゆがみを矯正すると、なぜダイエットできるのでしょうか。

骨盤矯正によって骨格を正しく修正することで、
ヒップラインが上がってウエストが細く見えます。
体のラインが引き締まったため、全身がすっきりしてスマートに見える、
という連鎖反応は確かにあるといえます。

しかし効果はそれだけではありません。
重要なポイントは、
骨盤のゆがみによって脂肪を貯めやすい体質が改善されるため、
ダイエットの効率をアップさせる
という点にあります。

また、骨盤のゆがみは、腸や子宮などの内臓にも影響を及ぼします。

骨盤のゆがみには「ねじれる」「曲がる」の他、
「ゆるむ(開く)」という状態があります。
骨盤がゆるむと、中におさまっている内臓の位置が変わって
本来の正しい場所より下に落ち着いてしまうことになります。

そしてゆがんだ骨盤には不自然な圧力がかかるため、
リンパの流れや血流が悪くなります。

体内の老廃物を回収する役割をもつリンパ液は、
新陳代謝を司る器官です。
無理に圧迫にすると悪玉脂肪が蓄積しやすい状態にしてしまいます。