産後太りと骨盤の関係

下半身がむくむ(人によっては顔や上半身も)、
下っ腹がぽっこり出る、
お腹周りに脂肪がついて下半身太りになる、
ウエストのくびれが消える…

産後太りは、骨盤のゆがみを矯正すれば
悩みを解決できる可能性がとても高いです。

骨盤のゆがみを直して、
内臓の位置を正しい位置に戻すと
便秘が解消されます。
それと同時に代謝の活性化されるため、
おなか周りのラインがすっきりして、
肌の調子までイキイキと蘇ります。

ところで、女性が産後太りになると元の体型に戻りにくい、
という話を聞いたことはありませんか?

産後太りの原因は妊娠中に増やした体重を戻す努力をしなかったからだ、
母乳を出すためにと思って食事の量を増やし過ぎてしまったからと
思われがちですが、本当にこういった理由が
原因なのでしょうか?

最近の産婦人科は安全な出産をするために、
体重管理を昔よりも厳しく始動します。
誰に対しても「とにかく食べなさい」というような、
必要以上に体重を増やすような指示をお母さんに出しません。

それに食事から取り入れた栄養は、母乳として消費します。
お母さんの体がそう簡単に太る原因のすべてが、
食事にあるとは思えません。

女性が産後太りになる理由は、骨盤が開くことも関係します。

胎児を出産する時、女性の骨盤は通り道をつくるために
非常に大きく開きます。
その状態が、何らかの影響で元の形に戻らなかったとしたらどうでしょう?

骨盤が元に戻らないがために、太りやすい体質に変化していると
考えられるのではないでしょうか。

出産を終えた女性の骨盤をレントゲンで見ると、
骨盤が開いたまま、あるいは骨盤が片方しか閉じてなかったりします。

この状態が簡単に脂肪がついてしまう原因とするなら、
食事を我慢したり、やみくもに制限するよりも、
骨盤のゆがみを矯正することが先決と言えるのではないでしょうか。