骨盤矯正とは

骨盤のゆがみを直す代表的な方法のひとつ、骨盤矯正について説明します。

骨盤矯正とは、骨盤のゆがみ修正することによって、
人間が本来もつ正しい姿勢と骨格を取り戻すことです。

姿勢が良くなるだけにとどまらず、肩こり、腰痛、血行不良障害など
様々な体調不良が改善されることにつながります。

骨盤を構成する骨は、
左右の寛骨(かんこつ)と、仙骨、
尾骨です。

寛骨(かんこつ)という骨は
あまり知られてない存在ですね。
骨格模型やイラストで
見たことがある人は
多いと思います。

腰の中央部分にあたる、チョウチョのような形をした
左右一対の平べったい骨を思い浮かべてみてください。
平べったい部分は腸骨、座骨、恥骨が組み合わさった形です。
この部分が寛骨(かんこつ)と呼ばれます。

仙骨は背骨と繋がっている骨です。
この仙骨のまわりを囲うように存在するのが寛骨(かんこつ)です。
つまり、骨盤は背骨を支える土台部分となっている場所なのです。

正常な骨盤の形は、逆三角形の器状をしています。
背骨を支えながらも、腸や子宮、前立腺などの
内臓を支える役割も担ってます。

このように、骨盤は人間の体の要といえる大変重要な骨格です。
酷使する分、生活習慣や無意識にとる姿勢によってゆがみが発生します。

骨盤がゆがむと、背骨の土台が傾いてしまいます。
当然、その上に乗っている骨格にもゆがみが起こりますよね。

直接影響のなさそうな頭部も、
傾いた土台の上で真っ直ぐな位置を保とうと努力しますので、
背骨や首の骨に大きな負担がかかって曲がることになるのです。

骨盤矯正でゆがみを直すことは、
全身のバランスを正常にすることと同じです。