カイロプラティック

カイロプラティックの歴史はとても古く、
1895年に確立された療法です。

アメリカ人のD.D.パーマーは、
自身が開発した手技療法に、
「手の技法」という意味のギリシャ語を冠して
「カイロプラティック」と名前を付けました。

カイロプラティックは
骨盤や背骨のゆがみを正しく整えることで、
人間の体の機能を正常な状態に戻すという
手技療法です。

人体の自然治癒力に重みをおいた治療法は、
薬物治療中心の西洋医学の中で際だっており、日本で生まれた整体に
通じる部分があります。

整体の起源は、日本に古くから伝わる手技療法のひとつ・日本古武道と
言われる一方で、中国発祥の手技療法・推拿(すいな)が
起源であるとも言われてます。

中国での推拿(すいな)は、漢方や鍼・灸と並ぶほど有名な療法です。
しかし多くの流派は骨格矯正にあたる療法が見あたらず、
またあんま療法(もみ療治)の起源であるという学説もあり、
ここで解説する骨盤矯正のルーツとは少しずれるかもしれません。

現代の骨盤矯正は腰痛・肩こり治療というよりも、
すっきりした美しいボディラインを取り戻す方法、
人間がもつ活き活きした立ち居振る舞い、
内面からにじみ出る美しさという点を重視した
美容整体的な意味が重んじられてます。

骨盤矯正の本や、雑誌の特集は、
おしゃれで洗練されたモデルを中心にして
ファッション的要素が強いものがたくさん出ています。

若い女性の支持を得た骨盤矯正は、
カイロプラティックや整体から派生した
全く新しい療法という受け止め方もされていると思います。